iPhone5にフレアが入る問題、Apple「撮り方が悪い」 - EUROPA(エウロパ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iPhone5にフレアが入る問題、Apple「撮り方が悪い」

6680.jpg

 Appleが発売した新型スマートフォンiPhone5。iPhone5についているデジカメで明るいところを撮影すると赤紫色のフレアが入る問題について、Apple側は「カメラの構え方が悪い」などと撮影者側に問題があるとする主張をしているそうです。

スポンサーリンク
 先月、Appleから販売されたiPhone5はハードとソフトにいつくかの問題があると言われています。今回はカメラです。iPhone5に搭載されているメインカメラはiPhone 4Sと同様の800万画素のものが本体裏についています。このカメラを使い比較的明るいところを撮影すると赤紫色のフレアが映り込むことが多数のユーザーが指摘しています。

 この問題について、iPhone5を持っているマット・ヴァン・ガステルさんがApple側にメールで苦情を入れたところ以下の様な文面が返信されました。

引用:iPhone 5の写真に紫のフレアが入るのは「カメラの構え方の問題」だそうです : ギズモード・ジャパン

[全訳]
Dear Matt,

 当社のエンジニアリングチームから今直接聞いた情報ですが、当社としては撮影時には明るい光源を避けるアングルでカメラを構えるよう推奨してるそうです。いただいた写真に入っている紫のフレアはiPhone 5カメラでは普通の状態と考えられています。照会番号 *********の本件に関してまだ何かありましたら、1-877-***-**** 内線*******までご連絡ください。こちらの勤務時間は木-月7:00am - 3:30pm(山岳部標準時)。ヴォイスメールに切り替わった場合には、お名前、お電話番号、照会番号、折り返し連絡してご都合のよい時間帯をお残しください。メールは***********@apple.comです。

Sincerely,
Debby
AppleCare Support 


 つまり、明るいところを避けるアングルで撮影すればフレアは入らない=製品は問題ないと主張のようです。

 ちなみに、過去のiPhoneシリーズでは同様のフレアが入ったのかという点なですが、どうやらiPhone4や4sでは確認されす、5固有の現象のようです。写真の一部専門家の間では「iPhone 5のカメラをカバーしてるサファイアガラスのせいでこんなのが入るのではないか」としているんですが、はっきりとした原因は今のところわかっていません。

6678.jpg

6679.jpg


メインカメラはSONY製
6677.jpg
1.4μmのピクセルサイズで掘られたSONYの文字

 iPhone5に搭載されている背面のメインカメラはChipworksが行った赤外線カメラによる解析によりSONY製のであることがわかっています。

参照元:ギズモード


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Copyright © EUROPA(エウロパ) All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。