米国が開発してた“空飛ぶ円盤” - EUROPA(エウロパ)

米国が開発してた“空飛ぶ円盤”

6718.jpg

 UFOというと宇宙人の乗り物と一般的に定着していますが、同じような形をした空飛ぶ円盤がアメリカで1950年代に開発されていたことが機密文書の解除により明らかになりました。

スポンサーリンク
 高度約30kmを飛行でき、最高時速は約4,200km/h、航続距離は約1800kmで垂直に離着陸できるという円盤型航空機について米空軍が開発していたことが明らかになりました。これは米国の国立公文書記録管理局が最近になり米空軍が1950年代に進めていた超音速の空飛ぶ円盤建造プロジェクト「Project 1794」の機密を解除したことが元になります。

 資料によると、米空軍はそれまでにない斬新な航空機を建造する契約をすでに倒産したカナダの企業(Avro Aircraft Limited社)と結んでいたといいます。Project 1794はどこまで進んでいたのかというと、製品開発の最初の段階を終え、プロトタイプの設計までが行われていたとのことです。しかし、現在の航空機を見ても分かるように、このプロジェクトは失敗に終わりました。

 Project 1794でプロトタイプを継続するための予算には現在の価値に換算すると約2,660万ドル(約21億円)が割り振られていたそうです。しかし、同じプログラムで開発された別の空飛ぶ円盤『アブロカー』号では明らかに性能が悪く、ユラユラと地上すれすれを飛行しかできませんでした。

アブロカー号
6721.jpg
米陸軍が想定していた想像図



 米国(陸軍)が小型で小回りの効く機体を要求していたことに対しアブロ社が提示したテスト機のこと。直径はわずか5メートルあまり、搭載エンジンは3基。操縦士1人が乗った飛行テストではアブロカー号の到達高度は1.5メートルまで浮上したものの、それ以上になると操縦不能に陥るという性能の低さだったといいます。
 1959年にはカナダの保守政権がアブロ社のプロジェクト『アブロ・アロー』の中止を発表し、結果アブロ社で従業員の大量解雇が行われました。これとアブロカーの失敗が重なり空飛ぶ円盤の開発計画は事実上中止になったそうです。

6719.jpg
6720.jpg


 カナダのマニトバ州ウィニペグに住む歴史家、ビル・ズーク氏によるAvro社の情報をまとめた著書『Avrocar: Canada’s Flying Saucer』によると、初期プロトタイプのひとつは直径が約15m、予定ではジェットエンジン6基が搭載されることになっていました。各エンジンの排気は機体の中心部に向かって吹き出し、そこにある大型のローターを回転。また機体には複数のダクトが設けられており、そこから空気を噴射することによって円盤は宙に浮き、どんな方向へも進めるとされていたそうです。

参照元:WIRED.jp、飛行機ちゃんねる


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Copyright © EUROPA(エウロパ) All Rights Reserved.