火星探査車、火星でプラスチック?を発見 - EUROPA(エウロパ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

火星探査車、火星でプラスチック?を発見

6728.jpg

 火星探査車「キュリオシティ」が10月8日、車輪の近くで光を反射するの謎の物体を見つけたとNASAが発表しました。キュリオシティは予定されていた土壌分析を中止し、謎の物体の分析を急きょ行うことになりました。

スポンサーリンク
昨晩は大変だった
 「昨晩は大変だった」と語るのはキュリオシティ担当チームの気象学者ケリ・ビーン氏。実は探査車の車輪近くに火星の土とは明らかに異なるキラキラと輝く謎の物体をカメラが捉えたことにより「まったく新しい計画を考え出さなければならなかった」といいます。キュリオシティは予定していた火星の土壌分析の計画を中止。これは、この物体が今後の土壌サンプリング活動の妨げにならないかどうか確認を行う必要があったのとことです。

 この物体について、キュリオシティの測定機「Chemistry and Camera(ChemCam)」に搭載されたリモート・マイクロ・イメージャーの画像からの解析では「プラスチック」で、どうやらキュリオシティが火星に降下する段階で剥がれ落ちたものではないかとしているそうです。

6726.jpg
写真:キュリオシティが撮影したプラスチック片(画面中央左下)と思われる物体

6727.jpg
写真:火星の砂を“ふるい”にかけるキュリオシティ(マストカメラ撮影)。矢印の先に謎の物体。

 10月7日に、火星の地面をすくいスコップ内でふるいにかけている映像を撮影した中に謎の物体が映し出されていたらしく、これは大変だということで作業予定を中止したという流れのようです。以下の動画は火星の土をふるいにかける様子。



参照元:WIRED.jp


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Copyright © EUROPA(エウロパ) All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。