インドネシアの部族がハングルを採用、ウソでした - EUROPA(エウロパ)

インドネシアの部族がハングルを採用、ウソでした

6730.gif

 インドネシアのとある部族に対しハングルを教えた結果「ハングルを公式文字として採用した」などと、韓国や日本で報道があったそうなんですが、実はウソであったことが明らかになりました。

ソウルからヨボセヨ 「ハングル輸出」は虚報

 韓国独自の文字であるハングルは民族的自慢のタネで、10月9日が「ハングルの日」として以前は祭日だった。しかし祭日が多すぎると休日からははずされたため、復活を望む声が強い。来年には復活の可能性があるとかで、カレンダー業者が気をもんでいる。

 そのハングルをめぐってまずい話が起き問題になっている。先年、インドネシアの小さな島の部族がハングルを自分たちの「公式文字」に採択したというニュースがあり「ハングルの優秀性を世界に示した」として官民挙げて大喜びした。教科書でも紹介されるまでになったのだが、最近、この話はマスコミが誇張したもので「公式文字採択」は虚報と分かった。政府も教科書や各種展示を手直しすることになったという。

 この少数部族というのはスラウェシ島に近いブトン島のチアチア族といい人口は6、7万人とか。固有の部族語を話しているが、韓国の団体が援助を餌にその部族語の表記にハングルを使うことを勧めた。

 その結果「公式文字に採択」となったというのだがインドネシアはローマ字が公用文字。地方の部族が別の文字を公式文字に採択するのはありえない。実際は単にハングルを学んでいるといった程度だったのだ。ハングル愛国主義の勇み足である。

http://sankei.jp.msn.com/world/news/121020/kor12102003020000-n1.htm


ハングル表記とインドネシア
 インドネシア南東スラウェシ州ブトゥン島バウバウ市。バウバウ市に集団で居住する少数民族「チアチア族」が暮らしています。彼らは土着語チアチア語を表記する文字にハングルを採用するよう働きかけたのはチョン・テヒョン教授。2007年に駐韓国インドネシア大使やバウバウ市長にこれら提案を行い、2009年8月にNHKによるとチアチア族がハングルを公式文字と採用したと報道しています。

ハングル採用はウソだった
 この報道で韓国では「ハングルの優秀性を世界に示した」として官民挙げて大喜び。なんと教科書でも紹介されるほどだったそうなんですが、最近この話はマスコミが誇張したもので「公式文字採択」は虚報と分かったそうです。

 実際のところ、当時現地に派遣された韓国教師は少なく、ソウル市が滞在費と航空運賃を負担し学校の長期休み期間中に教師研修プログラムを提供したとされています。韓国の英文紙コリア・タイムスの2010年のインタビューに対し、バウバウ市長のアミルル・タミン氏は「ハングルの普及に十分努めなかったため、チアチア語に公式に採用されているとは言えない」と述べていました。

6787.jpg
写真:チアチア族の教師が研修で韓国を訪れる(2012年6月19日)

ハングル優越主義
 韓国は世界に対し「ハングルの優秀性」をアピールする様々な工作ともいえることを行っており、中には第1回世界文字オリンピックなどする大会ではハングルが世界最高の文字と認められました。ただし第1回世界文字オリンピックは韓国の国際神学大学院大学が主催しているもので、まさに自画自賛という結果になっています。ちなみに、第二回目の世界文字オリンピックは2012年に韓国の釜山で開催されたそうなですが、こちらもハングルが1位になりました。

 また、ハングルを世界文化遺産に登録しようとした動きが過去にあり、大韓民国政府が賞金を全額支援している「ユネスコ世宗識字賞」(1989年に大韓民国政府が創設した、識字率の向上に功績のあった政府や団体に与えられる賞)があります。
 
 このように韓国はハングルが世界のどの文字体系よりも優れているとする立場をとっているのは明らかであり、これをハングル民族主義、ハングル中心主義などと呼ばれているそうです。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Copyright © EUROPA(エウロパ) All Rights Reserved.