ルール無視の歩行者、罰金へ―中国 - EUROPA(エウロパ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルール無視の歩行者、罰金へ―中国

6849.jpg

 以前、中国人は赤信号の待ち時間について“70~90秒しか待てない”と記事にしましたが、どうやらこのルール無視について、期間限定ながら当局が罰金を取るようになったそうです。

スポンサーリンク
 法制日報によると、河北省石家庄市では交通ルールを守らない歩行者に対して50元(約650円)以下の罰金が科せられることになったと報じました。記事によると、石家庄市文明弁公室、石家庄市公安交通管理局、中国共産党青年団石家庄市委は「赤信号横断をやめて教養とマナーのある石家庄人になろうキャンペーン」を開始し、2か月間実施することになりました。

 このキャンペーンについて公安交通管理局の局長は「歩行者の赤信号横断が車両の正常な運行を妨げている」と指摘したうえで、「大きな交差点、特に繁華街の交差点では、歩行者による赤信号横断が深刻な状況を引き起こしている。市内の信号機は平均で1分おきに信号が変わるが、赤信号で歩行者が横断すれば、少なくとも車両2台の通行が阻害され、市全体では数百台近い車両に影響が出る」と説明しています。



よくわからない罰金
 そんなことでこの都市では罰金が取れることなったんですが、基準がいまいちよくわからないことになっているそうです。まず罰金の対象となるのは、『赤信号での横断や横断歩道以外の場所での横断、ななめ横断、中央分離帯を通り抜けての横断など、交通ルールを無視する行為をした歩行者』でその場で50元以下の罰金が科せられます。ただし、大きな道路では先頭の3人が、小さな道路では全員が罰金の対象となるそうです。

 また、経済的理由などで罰金が支払えない者は、その場で2時間の交通整理ボランティア、ボランティアができない場合は職場や街道居民委員会、村委などに通知し、その場で指導。何れも不可能で名前も明かさない場合は警察官がその身柄を拘束し、派出所でより厳しい指導と処理を行うとしています。

6848.jpg
写真:道路中央に設けられた歩行者の横断防止柵。もちろん効果はみられなかった。(遼寧省)

 両側から入り乱れるように信号無視の横断が行われる中国。小さい道路と大きい道路の差はどこなのか不明なんですが、わずか2ヶ月でそこまでマナーが良くなるとは思えませんね。

参考:レコードチャイナ


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Copyright © EUROPA(エウロパ) All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。