第二次世界大戦中と現在のレニングラード その2 - EUROPA(エウロパ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第二次世界大戦中と現在のレニングラード その2

6970.jpg

 第二次世界大戦時に撮影された大量の写真が今も存在します。その写真を現代の同じ場所で撮影したらどうなるのでしょうか。今回は第2弾として紹介します。

スポンサーリンク
 レニングレラードというと「レニングラード包囲戦」という言葉を耳にしたことがある人も多いと思います。1941年9月8日から1944年1月18日に行われた戦闘で、ソ連政府の発表では67万人一説によれば100万人以上の市民が死亡しました。建築物や観光名所が立ち並ぶレニングレラードは現在サンクトペテルブルクとなり多くの観光客も訪れています。

6900.jpg
6901.jpg
キーロフ工場に向かう武装労働者たち

6902.jpg
破壊された水路から水を得るレーニングラード住民

6903.jpg
6904.jpg
ピョートル大帝の宮殿

6905.jpg
Glazovskayaストリートで行われた砲撃戦の犠牲者

6906.jpg
対戦車砲を構えるソ連兵

6907.jpg
6909.jpg
6908.jpg
ソ連のKV-1重戦車

6911.jpg
ドイツ人捕虜

6912.jpg
Sobornaya街とドイツ兵

6913.jpg


6914.jpg
これらの写真は写真家セルゲイ・ラレンコフ(Sergey Larenkov)さんにより撮影されたものです。
写真、ホームページはこちらから

前回の特集はこちらから
第二次世界大戦中と現在のレニングラード


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Copyright © EUROPA(エウロパ) All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。