地球の生命体とは思えない深海生物を発見 - EUROPA(エウロパ)

地球の生命体とは思えない深海生物を発見

7015.jpg

 ちょっと変わった生物が多い領域といえば深海です。アメリカの研究チームが発見した新種生物もそのような姿なんですが、「これは地球の生命体なのか…」と思えてしまうほど凄い形をしています。

 まるで地球外惑星の生物を描くSF作品に登場するかのような、得体のしれない肉食生物…。これはいったい?米カリフォルニアのモンテレー湾水生生物研究所(MBARI)のロニー・ランドセン博士率いる研究チームはカリフォルニア沖、水深3300メートルの地点で新種の海綿生物を発見したと発表しました。



 形状は複数にわかれた根のような部分から、放射状にハープの玄のような枝が生えており、この枝を使って罠をしかけ、先端についたフックを使って小さな甲殻類を捕食するそうです。今回の調査でこの生物を2匹捕獲することに成功し、生体を記録することができたといいます。

7014.jpg

7011.jpg

 最初に発見した個体は、2枚の羽根しかなかったものの、後に捕獲したものは体の中央から最大6枚の羽根が伸びていました。研究チームによると枝分かれした四肢の先に棘のあるフックがついているらしく、それを使って小さな甲殻類をひっかけ、捕らえると薄い膜で包み込んでゆっくりと消化するといいます。

 この新種の生命体には、「コンドロクラディア・リラ(Chondrocladia lyra)」と名前が付けられました。ちなみにリラはラテン語でハープの意味で、コンドロクラディアは海綿動物、尋常海綿綱に属するカイメンを意味だそうです。

海綿動物
7013.jpg

 海綿動物(かいめんどうぶつ)は、海綿動物門に属する動物の総称である。海綿、カイメンなどとも表記される。
 熱帯の海を中心に世界中のあらゆる海に生息する。淡水に生息する種も存在する。壺状、扇状、杯状など様々な形態をもつ種が存在し、同種であっても生息環境によって形状が異なる場合もある。大きさは数mmから1mを越すものまで多様である。多細胞生物であるが細胞間の結合はゆるく、はっきりとした器官等の分化は見られない。


参照元:カラパイア
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Copyright © EUROPA(エウロパ) All Rights Reserved.