コンバインに収穫されそうになったオッサン - EUROPA(エウロパ)

コンバインに収穫されそうになったオッサン

7022.jpg

 考えられないところに人がいてヒヤリとした方も多いと思います。今回はアメリカのトウモロコシ畑にいた中年男性のお話です。

 モンタナ州ビリングズ7日、トウモロコシ畑で寝ていた57歳の男性がコンバインに巻き込まれる寸前に起きるという事故がありました。畑で寝ていた理由について男は「バス旅行の途中でちょっと休もうとビリングズ郊外のトウモロコシ畑に入り込み、そこで寝てしまった」と述べています。

7021.jpg
トウモロコシを収穫するコンバイン

 コンバインを操縦していた農場主はコンバインに何かが当たった音に気付き、直ぐに機械を停止したといいます。すると男性の叫び声が聞こえたとのことです。

 男性の服はカッターに書き込まれており、もう少しで大惨事になるところだったといいます。オドネル警部補は「何針か縫う切り傷、皮膚移植の必要があるけがを男性は負いました。しかし状況を考えると、信じられないほど幸運だったと言えるでしょう」と話しています。

 これから年末にかけてお酒を飲む機会が多くなると思うんですが、車を運転される方は路上で寝ている人を引いてしまわないよう注意しましょう。

参照元:エキサイトニュース
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Copyright © EUROPA(エウロパ) All Rights Reserved.