「日本の暗号はすこぶる幼稚だ」―世界大戦時外務省 - EUROPA(エウロパ)

「日本の暗号はすこぶる幼稚だ」―世界大戦時外務省

E00024.jpg

第二次世界大戦時、日本が使用していた暗号について、当時の外務省幹部が「(情報伝達に用いた暗号は)理論、技術がすこぶる幼稚」だったと指摘していたことが明らかになりました。

1: ノルウェージャンフォレストキャット (大阪府) 2013/03/07(木) 16:49:01.17 ID:x0jD+nkY0 
「日本の暗号は幼稚」外務省幹部、改善訴え
2013.3.7 15:30

 第2次大戦で米国側に暗号を解読されるなど情報戦で後れを取った反省から、当時の外務省幹部が終戦直後、暗号技術の向上や専門家養成などの改善策を訴えていたことが、7日公開の外交文書で分かった。

 外務省電信課長などを務めた亀山一二氏がソ連大使館に参事官として勤務していた昭和20年12月、 秘密指定の文書をまとめた。

 それによると、戦時中に外務省と在外公館などの間で情報伝達に用いた暗号は「理論、技術がすこぶる幼稚」だったと指摘。敵国が解読している事実の把握や新しい暗号の普及も遅れ、劣勢を挽回できなかった。

 終戦後も各国の暗号技術と理論は「日進月歩」と予測。日本がさらに後れを取れば、国際舞台で「絶大な不利」を招くと警鐘を鳴らし「過去における辛き失敗の経験を将来に活かす」方策を緊急に確立すべきだとした。

 亀山氏は後に岐阜県関市の初代市長を務めた。

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130307/plc13030715310012-n1.htm


8: マンチカン(家) 2013/03/07(木) 16:52:45.83 ID:ZQdRbD6A0
真珠湾陰謀論

9: ツシマヤマネコ(東京都) 2013/03/07(木) 16:53:12.73 ID:B3w01iw+0
暗号というかただの符丁

10: ギコ(新疆ウイグル自治区) 2013/03/07(木) 16:53:33.00 ID:kiucpMoh0
方言でもつかっとけ

12: スノーシュー(四国地方) 2013/03/07(木) 16:54:42.94 ID:+P5VHaYx0
>>10
実際、薩摩弁を暗号に使っていたし

14: マンチカン(WiMAX) 2013/03/07(木) 16:56:01.67 ID:UqFSBsVY0
ドイツのエニグマってのは本体手に入れないと解読できなかったんだろ
すっげーな

25: アフリカゴールデンキャット(愛知県) 2013/03/07(木) 17:03:11.04 ID:9xEfo1Rk0
>>14
エニグマは普通に解読されてたろ

29: ジャガーネコ(大分県) 2013/03/07(木) 17:06:44.47 ID:nktMjccL0
>>25
いや、エニグマはUボートから本体を回収して初めて
解読出来たというのが現在の定説。

しかし、「ゴルゴ13」にはアメちゃんも真っ青の暗号関係数学者の日本人、
なんてのが出てきてたのだが。

まあ八木アンテナ(レーダー)もテレビもあれもこれも
「開発者日本人、実用に供するのは外国人」というのが多すぎるからなあ。

19: ライオン(東京都) 2013/03/07(木) 16:58:22.27 ID:lKUTQDgk0
日本の暗号は別に劣っていたわけではない。運用がまずくて解読される
余地を残してしまったのが原因。海軍の暗号はエニグマよりも強力だった
んじゃなかったかな?座礁した艦にコードブック残してしまったりとか
新しい暗号を使わなかったとかアホな原因が多い。パスワードをメモして
モニタに貼ってるようなもんだな。

20: コラット(福岡県) 2013/03/07(木) 17:00:19.00 ID:S1hle36RP
エニグマは暗号以前に必ずお互いに取り決めた3文字入れて使うらしいが
大抵いやらしい言葉とか卑猥な単語ばっかですぐにばれたとかw

31: セルカークレックス(東京都) 2013/03/07(木) 17:07:27.94 ID:slq28bke0
トーホグ弁とウチナーグチを駆使するだけで解決じゃね

39: マーブルキャット(三重県) 2013/03/07(木) 17:10:53.11 ID:1RTQ6G060
>>31
アメリカは少数民族の言葉も暗号として使ったらしいね

37: スペインオオヤマネコ(岩手県) 2013/03/07(木) 17:09:42.84 ID:ESJurnbv0
女子高生のメールでいいじゃん

38: ジャガー(新疆ウイグル自治区) 2013/03/07(木) 17:10:31.11 ID:zHaPqwPV0
片山ゆうさんとウィニー作った人とBCAS解除ソフト作った3人を日本の諜報機関で雇えよ

89: サバトラ(禿) 2013/03/07(木) 18:25:47.51 ID:Gzi9Vc1Ci
>>38
ゆうちゃんはどんな拷問でも口を割らなそう

48: アフリカゴールデンキャット(愛知県) 2013/03/07(木) 17:19:33.84 ID:9xEfo1Rk0
民間のRSAでもハッキングとかせずに正面から解読は不可能レベルなんでしょ?
暗号の技術開発より、ハッキングとかセキュリティホールつくサイバー部隊のほうが大事なんじゃないの?

57: ロシアンブルー(京都府) 2013/03/07(木) 17:41:03.50 ID:bc1OSx0F0
暗号解読は最期の手段で、それよりも外交が幼稚って60年くらい前から、言われてなかった?

59: コラット(茸) 2013/03/07(木) 17:47:57.34 ID:m574v3VGP
どんなに暗号とか技術面で高めても、
おっさんがパスワード紙に書いてパソコンに貼ってたり、中国娘にたらしこまれたりするから

64: シャルトリュー(鹿児島県) 2013/03/07(木) 17:55:42.24 ID:2jcMIs3s0
暗号に関しては政府、外務省が一番稚拙。
海軍の暗号も強度は高かったが暗号表が流出した事や古い暗号を併用していた事で破られた。
実は暗号に関しては作戦ごとに暗号表を総取替えしていた陸軍が一番優秀で最後まで破られなかった。

74: アムールヤマネコ(やわらか銀行) 2013/03/07(木) 18:12:03.87 ID:dx7Vtab+0
外務省の暗号はないようなもんでユルユルだっただろ
海軍がその次で陸軍の暗号は世界基準の強度を誇ってた

173: アフリカゴールデンキャット(長野県) 2013/03/08(金) 05:59:00.56 ID:NUEYCdl00
>>74
陸軍はの暗号通信は日めくりカレンダーみたいに、
通信1回ごとに乱数表を変えていく無限乱数式だったからな

補給線が分断されて前線に乱数表を支給できなくなった後半は、
さすがに1枚の乱数表を何回か使いまわしたらしいが
(その場合も乱数を加算するルールを変更した)

78: ライオン(長屋) 2013/03/07(木) 18:16:58.38 ID:nyrQl1ZQ0
暗号の機構が稚拙だったんじゃなくて運用が稚拙だったんだな

82: しぃ(WiMAX) 2013/03/07(木) 18:20:06.72 ID:c3t2Ft/QP
さらに使う人間に合わせてレベル落としてるしな

134: ソマリ(関西・東海) 2013/03/07(木) 22:04:45.30 ID:bVcivItbO
米軍はネイティブ部族の言語を平文で使っていたんだっけ?

150: スペインオオヤマネコ(九州地方) 2013/03/07(木) 22:40:29.90 ID:Un5zsj+iO
日本の女子高生がメールで使ってる文章が難解で
アメリカの暗号解読のスペシャリストが匙投げた
って話なかった?

151: ジャングルキャット(東日本) 2013/03/07(木) 22:41:39.23 ID:iM6DgIHG0
ガーン、大東亜戦争の戦訓から何も学んでないとは

155: 三毛(神奈川県) 2013/03/07(木) 22:49:21.79 ID:ROAJNJ170
>>151
というか何か学んだことあるの?
防衛省のHPは書き換えられるし
精神論振りかざす経営者ばっかだし

153: ターキッシュアンゴラ(関東・甲信越) 2013/03/07(木) 22:47:10.10 ID:cqqEvDsDO
それを外務省が言うかよwwwwwwww
おまえらがただ使い方をわかってねえだけだろ

159: アメリカンボブテイル(西日本) 2013/03/07(木) 23:21:01.17 ID:0g6Y9/nR0
いったいいつの話をしとるんだ

160: シンガプーラ(静岡県) 2013/03/08(金) 00:14:43.26 ID:gKjbJf6H0
幼稚とかじゃなくて、情報は解放状態だからなw

180: サイベリアン(家) 2013/03/08(金) 08:34:51.64 ID:R3Te52zPP
外務省は自分を上げる棚が広いんだな
相当やらかしていたのはどうした

183: ペルシャ(チベット自治区) 2013/03/08(金) 08:50:59.47 ID:LezuOYR60
短波ラジオで数字読み上げてる朝鮮総連向けの番組って今でもやってるの?


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Copyright © EUROPA(エウロパ) All Rights Reserved.