NASA、宇宙でピザを作る計画 - EUROPA(エウロパ)

NASA、宇宙でピザを作る計画

E00088.jpg

アメリカ人のピザ好きは有名ですが、宇宙でも・・・?なとNASAは3Dプリンタを使用して宇宙でピザを作るという研究を行っているとのこです。

スポンサーリンク
NASAが先日出資を行ったのは料理用の3Dプリンターをつくるためのプロジェクトです。このプロジェクでは実際に動作する機械登場しており、今年の3月にはテキサス州オースティンで行われたエレクトロニクスに関係するイベントで動作する様子が公開されています。

イベントで披露されたピザを作るマシーンはペーストを皿の上に絞り出し、トマトを載せ、最後にチーズといった動作を自動で行い20分で、ピザが出来上がるとのことです。



なぜNASAがこのような製品の開発に力を入れているのかという点について、3Dプリンターの開発者は「5年間、調理済みの食料MRE(Meal, Ready-to-Eat:米軍の携行食)を食べなければならない人のことを想像してみてください。ぞっとします」と話しています。

つまり、火星や深宇宙での長期に及ぶ有人探査計画や、もっと近いISSといった宇宙空間での実用化を目指しているとのことです。

ちなみに料理用3Dプリンタで出力されたピザの材料について、基本的に何れも粉末で水を混ぜたものから作られるとしています。そのため、材料自体は長期間の保存が可能で余分なスペースをとらず、宇宙飛行士はこれまでにない形の宇宙食を食べることができるということを意識しているようです。

実際のところ宇宙食は単にお腹を満たすということと以外にも、精神面をリフレッシュすることに有効とされているらしく、宇宙飛行士も食事のバラエティーを増やすことを強く要望しているといいます。

参考:WIRED.jp


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Copyright © EUROPA(エウロパ) All Rights Reserved.