自動運転車、普及次第でけが人は90%減少 - EUROPA(エウロパ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自動運転車、普及次第でけが人は90%減少

E00094.jpg

最近、日本でも自動で走行する車に関するニュースがありましたが、研究が進んでいるアメリカの試算によると、自動運転カーの普及次第では路上での死傷者は最大90%、アメリカ経済に毎年4500億ドルの経費削減が見込まれるとしています。

スポンサーリンク

アメリカの独立系シンクタンク「Enoセンター」は、ドライバーがハンドルを握ることなくドライブ可能な自動運転カー(セルフドライビングカー)が普及することで、交通事故や路上での死傷者が90%削減し、アメリカ経済に毎年4500億ドル(約43兆円)もの経済的コスト削減が実現できるというリポートを発表しました。

Enoセンターは、現在路上で起こる交通事故の93%が主として人間の運転ミスによって引き起こされることから、運転者がハンドルを握らなくなれば多くの命が救われると主張しています。

アメリカでの重大な衝突事故のうちその40%以上が、飲酒運転やドラッグ、疲労などに帰因する注意不足など人間のミスによって引き起こされているのに対して、セルフドライビングカーにはその心配は一切なし。さらにその他の事故の原因である、脇見運転、無謀な運転、スピードの出し過ぎなどの人的要因も、道路交通ルールを犯さないようにプログラムされたセルフドライビングカーには関係ありません。

GIGAZINE


運転技術やドライバーの疲労度、天気など様々なことが原因で交通事故が発生しますが、事故による負傷者数については自動車全体の1割が自動運転に切り替わればそれだけでも5割削減でき、250億ドル(約2兆4000億円)の経済的利得が発生するとも書かれています。

これら数値について何か重用なことを見落としている気がしなくもないんですが、引用先にも書かれているように法律や自動運転車の価格などまだまだ解決すべきことがいくつか上がっています。

実際のところ自動運転車に関する動画を見るとメーカーが自動運転技術を研究しており、トヨタに至っては2010年代半ばにも販売を目指すとしています。




Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Copyright © EUROPA(エウロパ) All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。