誰も知らない事実、カロリー表示はプラマイ20%前後の誤差がある - EUROPA(エウロパ)

誰も知らない事実、カロリー表示はプラマイ20%前後の誤差がある

E00096.jpg

食品には100gあたり○○kcalなどと表示されているものがありますよね。しかし、このカロリーについては実は、プラスマイナス20%が認められており、仮にこの範囲を超えていても罰則はないことはご存知でしょうか。

 ファミレスのメニューや持ち帰り用食品のラベルなど、身の回りの様々なところに「カロリー」が表示されている。細かく一ケタ単位で記されているので正確な数字だと思いがちだが、それは違う。

 今回、取材班は実際に店頭に並ぶ食品、あるいはテイクアウト可能なメニューを購入し、専門の検査会社でカロリーの数値を検証した。すると、以下の商品で表示を大きく上回るカロリーが計測された。

【有名とんかつチェーンの「テイクアウト用ヒレカツ」】
●表示/365kcal→実測値/504kcal=約38%オーバー

【有名カレーチェーンの「ハンバーグカレー」】
●表示/929kcal→実測値/1114kcal=約20%オーバー

 もちろん、同じレシピで調理しても食材の産地や季節などによってカロリーの数値がある程度変化するのは仕方のないことだろう。ただ、それを踏まえても超過幅はあまりに大きい。

続きはニコニコニュース


健康増進法、所謂国民保健の向上を図ることを目的とした法律なんですが、袋などに記載されているカロリー表示はプラスマイナス20%の範囲で誤差がみとめられているそうです。さらに、この誤差の範囲を超えたとしても罰則はないとのことです。

このカロリー表示について、情報提供がなければ消費者庁は調査等は行わず、範囲を超えたカロリー表示になっていた場合は「任意の表示なので消したり修正したりしてもらうよう注意していくことになる」としているそうです。

カロリーの測定方法については検査会社が実際に測定している場合と文科省が作成した「日本食品標準成分表」に基づき栄養士による計算で導きだされている2つ。ちなみに最近は赤外線を使用した測定装置が登場し、非常に短い時間でカロリーを算出できるそうです。そういったこともあり、大手スーパーやコンビニで売られれている商品については誤差の範囲は5%以内に収まっているとしています。

とは言え、皿に盛る料理の場合は量に差が出るのは当たり前なので多少の誤差は仕方ないのかもしれません。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Copyright © EUROPA(エウロパ) All Rights Reserved.