ハマーを超える究極のオフロードカー登場 - EUROPA(エウロパ)

ハマーを超える究極のオフロードカー登場

Rescue.jpg

ハマーを牽引しているのはルーマニアの自動車メーカーが発表した「Rescue」という車両です。雪上や湖も走行可能で、他にも消防車両や医療支援車としてもカスタマズ可能だといいます。

ルーマニアの自動車メーカーが発表した「Rescue」。4輪に浮きを装着すれば湖も前進でき、後輪をキャタピラにすれば、雪道も難なく突っ走る。

世界は4輪の英雄を必要としている。荒れた川を難なく横切り、最低地上高がものすごく高く、ディーゼルエンジンの心臓を持ったスーパーマンだ。

そんな車がついに登場した。その名前も、シンプルな「Rescue(レスキュー)」。オリジナルのハマー(軍用車両ハンヴィーと基本構成部品が共通の民生仕様車)と、バットマンの愛車「タンブラー」をかけ合わせたようなRescueは、ルーマニアの自動車メーカーGhe-O Motors社が開発した。





いったいルーマニアで何が起こっているのは定かではありませんが、ハマーより長さ約90cm、幅約60cm大きいというオフロードカー「Rescue」が登場しました。

総重量は3.2トン。最大11人の人間を乗せることができ、オプションで消防車両(750リットルの消火用タンク)と各種ポンプ・ホース類、4輪に浮き輪を装着して水上走行、キャタピラを装着した雪面走行など様々な「任務」を行うことができます。

エンジンは500hpのガソリンエンジンもしくは300hpのディーゼルエンジンを選択可能。その他の詳細は明らかになっていないものの、現在、Ghe-O Motors社は一般仕様、救助および軍仕様車両で受注受付中とのことです。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Copyright © EUROPA(エウロパ) All Rights Reserved.