カナダの郵便局「自宅までのお届け、やめます」 - EUROPA(エウロパ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カナダの郵便局「自宅までのお届け、やめます」

E00122.jpg

お知らせやネットで買ったものをせっせとを運ぶ郵便局。これについてカナダでは赤字を理由に郵便物の戸別配達を中止するという方針を発表しました。

スポンサーリンク
カナダ郵政公社は今月、郵便物の戸別配達を都市部でも全面的に廃止すると発表しました。「じゃぁ、郵便物はどうなるんだ」ということになるんですが、これについては「地域ごとに設けた集合ボックスに投函するので自分でも持って行ってください」とのことです。

戸別配達を中止した理由は見出しにも描いたように赤字が原因です。これは情報伝達が紙からデジタルデータとしてインターネットを経由し利用者に届いていることで郵便物が年々減少。カナダでは過去5年間で戸別郵送は25%も減少したと発表しています。

また、日本とは違い国土が広いこともありコストが増大。カナダ郵政公社では農村など全世帯の約3分の2で集合ボックスを設け、都市部などの残りの世帯でも今後5年をかけ集合ボックス形式に変更していくとのことです。

集合ボックスに切り替えることにより経費は半額に抑えられるとし、公社としても切っての値上や人員削減を行い黒字化を目指していくとのことです。

これについて日本のネットでは「ジャマイカに住んでたけど、手紙を郵便局まで受け取りに行く方式だった。治安が最悪だから配達員が狩られるためだ」など海外の配達事情や、「なかなかいいアイディア」「日本ではコンビニや営業所止めあるな」などコメントが寄せられていました。

参考:朝日新聞デジタル


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Copyright © EUROPA(エウロパ) All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。