闇のビームで消えることができる技術 - EUROPA(エウロパ)

闇のビームで消えることができる技術

E00126.jpg

「光のを集束させ、光強度がほぼゼロの「闇の領域」を作り出すことができるのだ…!」と三流映画にありそうな説明がされている謎の技術。シンガポール国立大学の研究チームは特殊なビームの照射方法で物体を見えなくするという謎の装置を開発しました。

シンガポール国立大学の研究チームが、「闇のビーム」を照射することによって、物体を見えなくできる装置を開発した。

この装置は、従来の光学的手法を逆転させたものだ。光学技術は一般に、可能な限り鮮明な像を結ぶことを目指す。通常の結像系では、光を集束して点拡がり関数というパターンをつくりだす。これは、高強度の光の山(メインローブ)が中央にあり、その外側を低強度の光が同心状に囲み、さらにその外側に高強度のローブがある、というパターンだ。

解像度を最大限に高めるには、中央のローブの幅を狭く、強度を高くして、外側のローブを抑制しなくてはならない。そのようにすると、非常に鮮明で境界のくっきりとした像が結ばれる。

参考:「闇のビーム」で物体を見えなくする技術 « WIRED.jp


E00127.jpg

今回シンガポール国立大学の研究チームはサイズにして40マイクロメートル四方の3次元物体を、赤いレーザー光線という単一の周波数の光から隠すことに成功したといいます。どのような原理なのか非常に難しいのですが、ある特殊なレンズを使用し、高低という強度の光の山を生成することで40マイクロメートル四方を現像できなくなり、人間の目からは見えなくなるといいます。

この技術を発展させた場合、物体を消すということができる他、逆に何かで隠した裏側の物をみることができるというという技術開発につながると、研究者は述べています。

興味のある方はぜひ、引用先の論文を解説した記事を閲覧してください。


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Copyright © EUROPA(エウロパ) All Rights Reserved.