古い木と新しい木、より多くCO2を吸収するのは・・・? - EUROPA(エウロパ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古い木と新しい木、より多くCO2を吸収するのは・・・?

E00139.jpg

若い木と年老いた木、いったいどちらが多くCO2を吸収しているのか。実に67万3046本の樹木を対象に行った最新の研究では年老いた木のほうがより多くCO2を吸収していることがわかったとのことです。

スポンサーリンク

【1月17日 AFP】年老いた大きな樹木のほうが、若く小さい樹木よりも大気中の二酸化炭素(CO2)を吸収していることが分かったとする研究が、15日の英科学誌ネイチャー(Nature)に掲載された。

従来、古く大きな樹木は、温室効果ガスであるCO2を比較的吸収しないと考えられてきたが、これを覆す結果となっている。

研究チームは、403種の樹木67万3046本のデータを分析。その結果、大きく年老いた樹木のほうが成長が速く、より多くのCO2を吸収していることが判明した。対象となったじゅぼくの分布は6大陸にまたがり、最高齢の木は樹齢80年だった。「人間になぞらえれば、思春期を過ぎても成長が遅くなるどころか、むしろ加速し続けるようなものだ。中年で体重が500キロになり、退職時には1トンになっているような計算だ」と、米地質調査所(US Geological Survey、USGS)のネイサン・スティーブンソン(Nathan Stephenson)氏はAFPの取材に語った。

参考:AFPBBNews


CO2を吸収してくれる木は地球温暖化を防止する点でも非常に有効な植物なのですが、スティーブンソン氏によると大きく年老いた樹木のほうがより多くのCO2を吸収していることがわかったとしています。古い森林の方が若い森林よりもCO2を吸収することは知られていたものの、古い森林にはあらゆる大きさの樹木が含まれており、どの木の成長が早いか、より多くのCO2を吸収する木はどれかについてはこれまで明確に把握されていなかったといいます。

これは古く大きい木はCO2は吸収しにくいと言われていた定説を覆す結果だといいます。

今回の研究結果については当然だといえば当然だという声もあり、ネットでは「若い木も、老木でも同じく成長していることが分かる。ただ、表面積は老木のほうが大きいためより多くCO2を吸収しているのではないか」というものや、「そもそも樹齢80年で老木という位置づけが間違っている」という意見が寄せられていました。




Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Copyright © EUROPA(エウロパ) All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。