知られざるインドの有人宇宙飛行計画、4月にも試験打ち上げへ - EUROPA(エウロパ)

知られざるインドの有人宇宙飛行計画、4月にも試験打ち上げへ

E00149.jpg

宇宙開発に力を入れている国の一つ、インド。実は今年の4月にも有人宇宙船を無人状態で打ち上げデータを得るという計画が行われようとしています。写真は実際に人が乗り込むクルーモジュール。

スポンサーリンク

 インドの航空宇宙の大手企業ヒンドスタン航空機は13日、インド国産の宇宙船の、クルー・モジュール(宇宙飛行士が乗り込む区画)を公開した。インドの宇宙船の実物が公になるのは初めて。このカプセルは同社からインド宇宙研究機関(ISRO)のヴィクラム・サラバイ宇宙センターに輸送され、今年4月に予定されている初打ち上げに向け、準備が進められる。

 インドは2006年から有人宇宙船の開発を始め、また2007年にはSRE-1と呼ばれる再突入実験機の試験にも成功している。2008年にはロシアとの間で、自国の宇宙飛行士をソユーズ宇宙船で飛ばし経験を積ませるほか、宇宙船の開発にソユーズの技術を使うことで覚書が交わされているが、後にこれは流れ、ソユーズによる飛行はなくなり、宇宙船の開発も現在は自力で進められている。

 宇宙船の質量は約3tで、3名の宇宙飛行士を乗せ、7日間宇宙に滞在できるという。

sorae.jp

4月に行われるという打ち上げについて、地球を周回しない弾道飛行となっており、高度は120kmまで打ち上げ短時間で帰ってくるという内容となっています。この時、落下の最高速度は秒速5km。

打ち上げはインドが開発中の新型ロケットGSLV Mk-IIIの初号機となり、1段とブースターの構成で行うとしています。初のロケットで初めての有人宇宙船を打ち上げるという、確実にデータを得る上で若干信頼性に問題は無いのか?と思ってしまったのですが、仮に順調に有人打ち上げまでになるとソ連、アメリカ、中国、に続く4カ国目の偉業になります。

宇宙船自体はロシアのソユーズという枯れた技術を使用するとなっているのですが、最終的にはインド独自の技術で有人宇宙飛行を行うことを目標としています。


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Copyright © EUROPA(エウロパ) All Rights Reserved.