宅配物を車のトランクに届けるシステム - EUROPA(エウロパ)

宅配物を車のトランクに届けるシステム

E00156.jpg

宅配便は届け日、時間帯が指定できますが受け取りは対面で行わなければならないというのは鉄則ですよね。ボルボ・カーズは車メーカならではの自分の車に配達してもらうというシステムの開発を進めています。

スポンサーリンク

オンラインショッピングで買い物すると自宅に商品が届けられて便利なものですが、不在の際には受け取れないこともあります。再配達を依頼することになると受け取りが遅くなってしまう上に、再配達にかかる無駄なコストが生じてしまうという弊害も。

自動車会社のボルボ・カーズはこのような不便さと無駄を省くための試みを進めているのですが、その荷物の受け取り場所は自家用車という興味深いものとなっています。

Gigazine





これは「ボルボ・オンコール」などと名付けられたシステムで、ボルボのセンターにオンラインで接続された車両は、24時間いつでもセンターのオペレーターが操作してドアを開閉することが可能になっているといいます。

具体的には配達業者が指定された車まで訪れ、業者は端末経由で車のトランクを開き荷物を運び入れ、トランクを閉めるというものです。配達の前後には車の所有者にメールで連絡が行くようになっています。また逆に、荷物を持って行ってもらうということも可能で「ピックアップポイント」として活用もできるとしています。

今回は車メーカーということから車のトランクという発想になったのですが、当然、セキュリティー上の問題も指摘されています。もちろん、車を開けることで発生するであろうクレームや問題もどのようにクリアするのか。むしろ、セキュリティーやシステム開発よりも倫理面の問題が大きな焦点になりそうな気がします。

ちなみに、日本ではコンビニ受け取りや営業所受け取りができ、手間はかかりますが24時間受け取りが可能です。


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Copyright © EUROPA(エウロパ) All Rights Reserved.