「またでた!」旅客機から救命胴衣を盗む中国人 - EUROPA(エウロパ)

「またでた!」旅客機から救命胴衣を盗む中国人

E00164.jpg

旅客機には各座席に必ず備わっている救命胴衣。中国で先日、救命胴衣を盗みあることに使おうとしていた男が捕まりました。実は、過去にも同じような盗難事件が何度か発覚しているのですが、その理由は何れも共通しています。

スポンサーリンク

2014年2月23日、台湾TVBSによると、中国本土の観光客が台湾の松山へ向かう際の旅客機内で、救命胴衣を盗んだことがわかった。

事件が起きたのは2013年11月15日。客室乗務員が救命胴衣の使用方法を説明した際、中国本土の観光客2人が救命胴衣をカバンの中に入れたという。5日後、彼らは台湾の空港でX線の検査に引っかかり、犯行が発覚した。

Record China


中国で度々発生する救命胴衣の持ち去り事件。いったい彼らはどのような理由で持ち去るのでしょうか。持ち去り事件が初めて報告されたのは2012年3月のことです。初めて飛行機に乗るという4人の女性公務員らが帰り際に持ち去ったのは救命胴衣なのですが、その理由は「水泳に使おうと思った」というもの。

続く2013年9月に1人の男性が同じく持ち去ったものの、その理由は「泳ぎに行ったときに使える」というものでした。そして今回。中国本土の観光客2人が持ち去った理由は「海で泳ぐときに使うため」でした。

4人の女性公務員らは「持ち去ったら法律違反?本当に知らなかった」、「初めて飛行機に乗るので、取ってはいけないとは知らなかった」などとし意図的に持ち去ったものではないと話しているのですが、法律がどうであれ持ち去るということ自体がダメだという意識がないことに驚きですよね。


ちなみに中国で、運行開始から1か月後に中国版新幹線車両の定期検査を行ったところ、手洗い場のセンサー式蛇口、緊急脱出用ハンマー、便座の温度調整つまみ、ペーパーホルダーの軸などありとあらゆる物が盗まれた状態だったといいます。



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Copyright © EUROPA(エウロパ) All Rights Reserved.