NASAが開発した製品 - EUROPA(エウロパ)

NASAが開発した製品

NASA.jpg

身の回りにあるアレも実はアメリカ航空宇宙局(NASA)が作ったものだった!?今回は身近にあふれる宇宙関連の製品を紹介していきます。

1970年代に月面着陸した宇宙飛行士が着用していた液冷式の宇宙服は、全身火傷の被害者向けに応用されてきた。1980年代になると米航空宇宙局(NASA)は、消防士向けの軽量な呼吸システムの開発に協力した。

もっと最近では、生物学者が、ハッブル宇宙望遠鏡に使用されている恒星追跡アルゴリズムに変更を加えて、魚やシロクマを追跡できるようにした。

「まだまだたくさんの例があるが、多くの人はこうした例について知らない」と、NASA主任技術者局(Office of the Chief Technologist.)の技術移転プログラム担当幹部であるダニエル・ロックニーは語る。

本当に「NASAが開発」した、意外なプロダクトたち « WIRED.jp


NASAが作り、私達の身近にあるものはと聞かれて大抵の人は通信だったり家電と回答すると思いますが、実はこんなものもNASA由来のものでした。

1.粉ミルク
WIRED.jpによると食料源、酸素エンジン、有機廃棄物処理の3通りの用途に使用される微細藻類由来の実験を行っていたといいます。結果的に食料源としての研究は失敗したものの、この研究から乳児用の粉ミルクが作られたといいます。

2.CMOSセンサー
CMOSセンサーとはデジタルカメラに搭載されているもので、光をデジタル信号に変換するという装置です。大型のカメラを小型化するため作られたといいます。

3.ボールペン
無重力で使用できるペンとして開発されたのはボールペンです。正しくはNASAが開発したものではないのですが、実際に宇宙でも使用されています。

他には空気力学に優れたトラックや、宇宙バラの香りがする香水があるそうです。

莫大な予算をかけて開発し身近にあるものといいうと非常に少なく感じますが、用途が宇宙と地上なだけに作ったところで応用が効かないというものが殆どなのでしょうか…。あとは、ここには紹介されていませんが、枕やマットレスに使用されることおが多い低反発ウレタンフォームいわゆる低反発素材は宇宙飛行士の負担軽減のためにNASAが作ったなどと紹介されることが多いですよね。使用されている方は今夜眠るとき少しばかり『宇宙』を感じてみてはいかがでしょうか。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Copyright © EUROPA(エウロパ) All Rights Reserved.