鉄の強度を簡単に増すことができる技術 - EUROPA(エウロパ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鉄の強度を簡単に増すことができる技術

製鉄

すでに研究され尽くした分野かと思いきや21世紀の現代、強度を増すことができるという鉄の精製方法に関する研究が報告されました。

スポンサーリンク

Brown Universityと中国の大学の共同研究チームは、鉄の展延性を犠牲にすることなしに簡単に鉄の強度を増大させる製法を発見し、この研究成果をNature Communicationsを通じて発表した。

この製法とは、TWIPと呼ばれている特殊な種類の鉄で作られたシリンダーを使って鉄の精製過程で生じるトレードオフを回避するというものとなる。TWIP鋼が変性を起こすとその内部にナノスケールの変形双晶(deformation twins form)が生じる。

ScienceNewsline

今現在鉄がどのように固く丈夫になるよう精製されているのかはよくわからないのですが、今回の研究では簡単でしかも強く鉄の展延性、つまり硬さを増す一方で柔軟製をも得られるという利点がといいます。

この精製方法がどのような場面で使われるのかは謎ながら、例えば同じ質量でもより細く小さくできたり、同じ強度を維持しつつ逆に薄く軽くできるなど、車や建設現場を考えただけでも非常に多く利用されることが想像できます。


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Copyright © EUROPA(エウロパ) All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。