ロシア、4人目の女性宇宙飛行士誕生 - EUROPA(エウロパ)

ロシア、4人目の女性宇宙飛行士誕生

E00215.jpg

旧ソ連時代を含め、ロシアではこれまで116人の宇宙飛行士が誕生していますが、史上4人目の女性宇宙飛行士が選ばれたと報じられています。

The Voice of Russiaによると、今年秋に行なわれるソユーズTMA-14Mの打ち上げについてロシアでは4人目の女性宇宙飛行士、エレーナ・セロワさんが搭乗することが決定したとロシアのロスコスモスが発表したと報じています。

秋の打ち上げではセロワさんをはじめ、ロシアのアレクサンドル・サモクチャエフ宇宙飛行士、そして米国のバリー・ウィルモア宇宙飛行士の3名で行われます。

この打ち上げが予定通り行なわれるとロシアでは実に20年ぶりの女性宇宙飛行士の打ち上げとなります。旧ソ連時代ではわたしはカモメで有名な女性としては人類史初宇宙へ行ったワレンチナ・テレシコワさん、そして宇宙遊泳を行ったスベトラーナ・サビツカヤさんです。
3人目はエレーナ・コンダコワさんで1994~95年にかけ宇宙ステーションミールで5ヶ月間の長期滞在を行い、97年にはスペースシャトルで再び宇宙に行っています。

アメリカに比べ女性宇宙飛行士が少ないロシアなのですが、その理由については明らかにされていません。噂としてはテレシコワさん宇宙酔いでパニック状態に陥ってしまい、「女性は宇宙飛行に向いていない」という考えがあるのではないかと言われています。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Copyright © EUROPA(エウロパ) All Rights Reserved.