機内食が美味しくない2つの理由 - EUROPA(エウロパ)

機内食が美味しくない2つの理由

E00216.jpg

旅客機で食べることができる機内食。様々な努力の上、現在の機内食が出されているのですが、なぜそのような努力が必要なのでしょうか。今回は機内食が美味しくない2つの理由を紹介していきます。

WIRED.jpによると、機内食が美味しくないのは旅客機が抱える2つの理由が原因としています。1つは機内の湿度です。旅客機は常に大気が循環しており、エアコンの効果で非常に乾燥した状態になることがあるとのことです。そのことで出された食事が乾燥していしまい美味しくなくなってしまうとのことです。

そして気圧。上空を飛行する旅客機は与圧しなければ人間は生きられない環境なので、必ず与圧されています。これは地上の約1気圧とはことなり0.8気圧となっており、これが味覚を狂わす原因になっているといいます。

もちろん、各社はこのような環境下でも美味しく食べられる機内食を提供しているのですが、これ以外にも美味しく感じなくなる理由として騒音や気温があげられるとのことです。

船は新鮮な食材からレストランとほぼ同じような環境で調理ができ、鉄道は作りたてではなくても一般のお弁当を買って食べることができます。しかし旅客機は食事ごとに着陸させるわけにはいかず、限らてたスペースに格納でき、温められ保存の効く料理をださなければなりません。
その上で旅客機で出される料理の味としては残念ながら限界といえるのかもしれませんね。


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Copyright © EUROPA(エウロパ) All Rights Reserved.