Wikipediaに書かれた病気のページ、調査した9割に間違い - EUROPA(エウロパ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Wikipediaに書かれた病気のページ、調査した9割に間違い

E00217.jpg

何かを調べる際Wikipediaを利用されている方が非常に多いと思われるのですが、アメリカの医師がWikipediaの病気に書かれたページについて評価したところ、最新の研究内容とは異なる内容が書き込まれていたとしています。

スポンサーリンク

医療分野の情報を求めるあらゆる人にとって、ウェブは正真正銘の「救急キット」となった。その結果として、ウェブサイトを見て回った挙げ句、指先の軽い痛みから自己診断して治療不能の病気だと結論づけてしまうようなヒポコンドリー(心気症)の人々がいることも否定できない。

そこでアメリカの医師のグループがはじめたのが、デジタル百科事典の代名詞的存在、Wikipedia上の医学に関するページの信頼性を評価し、判定を下す取り組みだ。

WIRED.jp


今回具体的に間違った内容が書かれていたのは糖尿病、高血圧、腰痛、虚血性心疾患、肺ガン、脂質異常症、鬱病、慢性閉塞性肺疾患、変形性膝関節症と何れも英語版のページで医師としては「脳しんとう」とだけが満足の内容だったとしています。

「どのような理由から病気になるのかな」などとみなさんも一度はWikipediaを見たことがあると思うのですが、実際のところは書き込みの内容が最新の物ではなく、症状の中には中には重大な不一致あるものが含まれていたとしています。

医師グループとしては「医学的情報を求めてウェブを探し回るときには最大限の用心をしなければならない」と趣旨の発言をしているらしく、また医学部の学生や本職の医師についてもWikipediaを使用し知識を得るのは問題があると指摘しています。


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Copyright © EUROPA(エウロパ) All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。