衛星タイタンで消えた島の謎 - EUROPA(エウロパ)

衛星タイタンで消えた島の謎

E00225.jpg

土星の衛星タイタンを研究している研究チームによると、過去見つかっていた衛星タイタンにある島が最近消えていることを発見しました。衛星タイタンは地球以外で唯一液体が循環している天体と知られています。

これまで島などなかった所に突然、島が現れたのである。

天文学研究グループは、土星の衛星「タイタン」の二番目に大きな海洋「Ligeia Mare」に対するカッシーニ探査衛星が行ったレーダー探査映像を調査することにより、これまでの調査では何も存在していなかった所に、明るく光るミステリアスな地質学的なオブジェクトを発見した。科学的にはこのスポットは「transient feature(遷移状態)」にあると言えるだろう。

Technobahn


土星の衛星タイタンで見つかったのは海にある島です。海といっても地球のような海水ではなく低温の液体メタン、もしくはメタンです。コーネル大学の研究チームによると、今回見つかった島はタイタンの北半球に位置し、以前の調査であった島が最近の調査では消えている事がわかり、理由としては4つ考えられるとのことです。

E00226.jpg

E00227.jpg

データからは特に液体メタンの量は変わっておらず、島だけがこつ然と消えたことから「魔法の島」と名付け研究者によると「島の形成要因がどこにあるのかについては今後の調査が必要となるだろう」と話しています。

衛星タイタンは惑星である水星よりも大きい天体で、地球以外で唯一液体の循環があるとされる天体とされています。また地球と同じように液体メタン(エタン)が地表を侵食し全長400kmの川がこれまで見つかっています。


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Copyright © EUROPA(エウロパ) All Rights Reserved.