サイバー攻撃がリアルタイムで分かるマップを公開 - EUROPA(エウロパ)

サイバー攻撃がリアルタイムで分かるマップを公開

E00229.jpg

インターネットを経由して行なわれるサイバー攻撃。ニュース等ではよく聞く言葉ですがアメリカのセキュリティ企業が実際に行なわれているサイバー攻撃を可視化したWebサイトを公開しました。

米国のセキュリティー企業Norse社は、世界のどこからどこへサイバー攻撃が行われているのかリアルタイムでわかるマップを公開している。

「40カ国以上に存在する多数のダークネットから発する脅威の最新情報を、随時、収集して分析している」とNorse社は説明する。「表示している攻撃は、Norse社のハニーポットに対する最新のトラフィック流入の一部に基づいており、常習犯による世界のサイバー攻撃の実態を表している。

WIRED.jp


ホームページの改ざんや個人情報を盗み取るなどなど、インターネットを使用した犯罪サイバー攻撃。ニュースでは発信源は○○と国名が挙げられますが、そのような例は非常に稀で、実際は24時間365日連続して行なわれているそうです。

そのようなサイバー攻撃を可視化したものが米国のセキュリティー企業Norse社で公開されています。

Norse - IPViking Live
http://map.ipviking.com/

このサイトにはアタックした国、アタックされた国等が表示されるのですが、私が見たと時間ではアタックしたのもされたものもアメリカが最多という結果となっていました。また、短時間のうちに中国からアメリカに大量にアタックされることもあるので、私のような素人でも実際にそういったことが行なわれていると視覚的に分かるようになっています。

ちなみに、アメリカは原子力発電所や送電網などの重要インフラに対するサイバー攻撃は自国に対する宣戦布告とみなすと米国防総省が発表しています。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Copyright © EUROPA(エウロパ) All Rights Reserved.