温室栽培はナトリウムランプよりLEDが最適 - EUROPA(エウロパ)

温室栽培はナトリウムランプよりLEDが最適

E00231.jpg

これまで温室栽培で使用されている照明は一般的に街灯などで使用される高圧ナトリウムランプ(HPS)が使用されてきたのですが、最適な光源ではないことが分かったとしています。

スポンサーリンク

カナダの場合は、野外で野菜を栽培できる期間は限定されている。そのため、カナダで販売されている野菜やフルーツの多くは温室栽培されており、その規模は年間11億ドルにも達している。その上で、温室栽培の効率を増大させることができる温室用照明の開発は農業生産の売上高を増加させる意味において重要となるだろう。

Technobahn


植物の栽培に適さない土壌でも水と電力があれば育てることが出来る時代になりました。所謂工場野菜や温室野菜というものなのですが、重要なもの照明について新たな発見がありました。

カナダのマギル大学によると、温室栽培の照明としてこれまで高圧ナトリウムランプが最適だとしていたものの、実は身近なLED照明の方が効率が良いことがわかったとしています。

具体的には400~700nmの波長良いとしよく言われる、赤色や青色という限った波長の光の波長ではないとしています。またLEDであれば波長を任意に変更できるので、植物の光合成にあった照明、さらに光の強さを提供することができるとしています。


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Copyright © EUROPA(エウロパ) All Rights Reserved.