中国式農業、目先の利益で土地を枯らす - EUROPA(エウロパ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国式農業、目先の利益で土地を枯らす

E00232.jpg

国内外で農業を展開する中国。しかし、あまりに土地の使い方が雑らしく、結果的に草木一本も育たない死んだ土地を多く作り出す始末になっているといいます。

スポンサーリンク

2014年6月5日、ロシア国営ラジオ放送・ロシアの声によると、中国企業による世界規模での農産物と農地買収が行われている。7日付で中国紙・参考消息(電子版)が伝えた。

中国企業は世界の農産物市場に強力な攻撃を仕掛けている。世界各地で農産物や食品・飲料会社を買い付けているのだ。昨年、香港企業の双匯国際は世界最大の豚肉加工業者・米スミスフィールド・フーズを71億ドル(約7100億円)で買収。

レコードチャイナ


世界各地の農地を買いあさっている中国。しかし、農地の使い方相当雑らしく、ロシア産業企業家同盟オボレンツェフ理事によると、中国企業はロシアで禁止されている化学肥料を大量に使用し、雑草一つ育たない死んだ土地にしていると述べています。

中国が他国の農地を買っている理由は自国内の土地が少ないことが理由なのですが、それ以外でも農薬等の大量使用で農作物すらも育たない土地が300万ヘクタール存在していると認めているとのことです。


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Copyright © EUROPA(エウロパ) All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。