中共、北京の街頭スクリーンでアメリカ人殺害映像を永遠と流す - EUROPA(エウロパ)

中共、北京の街頭スクリーンでアメリカ人殺害映像を永遠と流す

E00250.jpg

巨大なスクリーンで繰り返し流されていたのは、アメリカ人が殺害される映像です。この映像は中国の首都、北京市内の交差点にあるもので、他にも映像と黒人射殺事件が写し出されていたとのことです。

スポンサーリンク


【大紀元日本8月25日】22日付米紙デイリーニュース (ニューヨーク)などによると、ここ数日、北京市内に掲げられた巨大スクリーンが外国人の注目を浴びている。このスクリーンは二つの衝撃的内容を繰り返し放映している。米国ファーガソン暴動とアメリカの記者がイラクで斬首されたビデオ画面。

この巨大スクリーンは北京中心部の東直門付近にある。映画館のスクリーンに十分匹敵するほどの大きさで映像も鮮明である。外国人の関心を引き付けたのはこのスクリーンの技術力ではなく、繰り返し放映される内容である。

大紀元


北京市の巨大街頭スクリーンに流れていたのは、アメリカ人記者がイスラム教スンニ派過激組織の人間により殺害される映像です。これはアメリカの複数メディアが伝えたもので、問題のスクリーンは北京中心部の東直門付近にあるとしています。

これは8月19日、外国人により撮影されYoutube上にアップロードされたもので、投稿者によると米記者殺害と黒人の射殺事件映像が数日に渡り何度も繰り返し流されていたとしています。

今回の出来事は米メディアも報じているそうで事実であることは間違いないと思われるのですが、中国の記事を多く取り扱う大紀元ではこのような映像を流す理由として「珍しいことではない」としており、「北京の街頭スクリーンは外国の騒乱、暴力、大虐殺などを放映するのが当局の宣伝工作である。これは中国国民に共産党の統治下であれば平和で安心という教育を植え付ける目的である」としています。

予想では繰り返し流れるニュース映像の一部と思われるのですが、それでもこのような映像を一般人が見るスクリーンで流すというのは倫理的に問題があると思われます。


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
この記事へのコメント
コメントを書き込む

トラックバック

http://freeride7.blog82.fc2.com/tb.php/3744-3db89d6f

Copyright © EUROPA(エウロパ) All Rights Reserved.