ロシア、移動式港を開発 - EUROPA(エウロパ)

ロシア、移動式港を開発

E00256.jpg

ロシア、モスクワ設計局「コンパス」が開発したのは港です。もちろんただの港ではなく移動可能な港で、通常よりも遥かに早く港をつくることが出来ると主張しています。

一般の港は何年もかかって建設され、一度作られたら動かせないものだが、ロシアは移動可能な港の開発に成功した。建設にかかる日数も最大限縮小でき、25日から30日で出来上がってしまう。

港は浮遊するハーバーや舟橋(しゅうきょう)から成り、通信、モニタリング、独立した送電設備など必要不可欠なインフラをすべて備えている。こうした港の開発で天災など何らかの非常事態が起きても、水上交通による必要なリソースの輸送手段を確保することは格段に楽に出来る。

The Voice of Russia

ロシアで開発されたのはどのようなものか想像するのも難しい移動可能な港です。この港には港として必要な通信からライフラインに至る装備が全て備わっており、これまで港が無くまた物資の輸送が困難だった地域に設置されるとしています。

ロシアとしてはこの移動式港は極東のサハリン島における森林業開発、また北氷洋沿岸地域への貨物の輸送に使われるとしており、この手の船を海洋国家を中心に大きな関心を集めていると話しています。

photo:北海道炭礦汽船株式会社
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
この記事へのコメント
コメントを書き込む
※記事に関する質問以外、管理人は返信を行いません。
非公開コメント

トラックバック

http://freeride7.blog82.fc2.com/tb.php/3749-929a42aa

Copyright © EUROPA(エウロパ) All Rights Reserved.