キノコが茶色に変色する理由判明 - EUROPA(エウロパ)

キノコが茶色に変色する理由判明

E00266.jpg

キノコが多く出回る季節になりました。さて、今回はキノコが傷むときに変色する理由についてあらたな発見があったと報じられています。

ウィーン大学の研究者は身近にあるキノコについて、傷む過程で発生する変色についてそのメカニズムを解明しようと研究を行いました。

キノコはどうして茶色に変色するのか?

キノコの変色については褐色化反応などと呼ばれており、腐敗する過程で発生することが既に分かっていたそうです。これについてウィーン大学が更に詳しく調べたところ酵素チロシナーゼというものが、真菌の腐敗を起こす前から形成されていることを発見したといいます。

この辺はかなり難しい専門的な内容になのですが、今回の発見により食品の腐敗を防止するための新たな手段となる以外も、医学や工学の分野においても重要な発見だとしています。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
この記事へのコメント
コメントを書き込む
※記事に関する質問以外、管理人は返信を行いません。
非公開コメント

トラックバック

http://freeride7.blog82.fc2.com/tb.php/3760-2f0d4b0a

Copyright © EUROPA(エウロパ) All Rights Reserved.