氷河期の終わりと海水面の上昇 - EUROPA(エウロパ)

氷河期の終わりと海水面の上昇

E00270.jpg

地球全体を含め気温低下により発生した複数回の氷河期について、氷が溶けたことによりどのように海水面が変化したのか最新の研究が発表されています。

スポンサーリンク

最後の5つの氷河期が終了した際に、世界の海水面は1世紀あたり5.5メートルの速度で上昇していたことが新しい研究成果により判明した。

国際研究チームは、過去500,000年間の海水面の変化を再構築することで、最後の5つの氷河期が終了した際にどれほどの速度で世界の海水面は上昇していったのかを調査した。

ScienceNewsline



これはオーストラリア国立大学を中心とする国際研究チームは現在から過去50万年間に発生した5つの氷河期の終わりについて、どのくらいの速度で海水面が変化したのか研究が行なわれました。

結果、氷河期が終わり温暖になるにつれ世界の海水面は100年間で平均5.5m上昇していたことが分かったとしています。研究者によると、今回の海水面の変化を調べることで氷河期と氷河期の間には100回に及ぶ小規模の海水面上昇の痕跡が見つかったとしています。

これが一体何なのかは不明なのですが、研究者による現在、地球上にある氷は氷河期時代の半分以下で仮に全ての氷が溶けた場合、100年あたり1~1.5mほど速度で海水面が上昇するとのことです。


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
この記事へのコメント
コメントを書き込む
トラックバック

http://freeride7.blog82.fc2.com/tb.php/3765-c89fc130

Copyright © EUROPA(エウロパ) All Rights Reserved.