人間は56ビットのパスワードを記憶できる - EUROPA(エウロパ)

人間は56ビットのパスワードを記憶できる

E00278.jpg

インターネットをはじめ最近は何かとID、パスワードを求めれることが多い世の中になりまいした。さて、このパスワードについて、ある研究ではランダム生成された56ビット(復号すると6語または12文字)を記憶しておくことができるとのことです。

スポンサーリンク
IDやパスワードが流出したり解析されることで不正に個人情報を盗み出された結果、金銭的な被害が発生する例が多数報告されています。Webサイトなどではパスワードの使い回しはやめるよう勧告されているのですが、実際は使いまわししている方が大半ではないでしょうか。

人間は56ビットのパスワードを脳内記憶にとどめておけることが研究で判明 - GIGAZINE

さて、そんなパスワードについてプリンストン大学の研究者によると被験者を用いた実験では12文字というランダムな文字であっても記憶することは可能だったとしており、実験後3日経った頃に同じくパスワードを答えてもらったところ88%が正確に思い出すことができたとしています。

ただ、この実験では2週間に渡り9回の特殊なログインを繰り返す必要があるというもので覚えるのは簡単なものではないそうです。

パスワードについては生年月日た単語などを使用されている方が多いとされていますが、そのようなパスワードであっても予測しにくい文字列に変換できるというものがあります。それはタイプするキーを1文字ずらすというので、例えば「a」というパスワードであれば『s』キー、bならば『n』キーといった具合になります。


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
この記事へのコメント
コメントを書き込む
トラックバック

http://freeride7.blog82.fc2.com/tb.php/3773-704402fc

Copyright © EUROPA(エウロパ) All Rights Reserved.