ヘッドマウントディスプレイ「Gear VR」は売れるのか - EUROPA(エウロパ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヘッドマウントディスプレイ「Gear VR」は売れるのか

E00289.jpg

今月12月にSamsungから発売されるのは最近注目を集めているディスプレイ、ヘッドマウントディスプレイです。本体とファブレット端末Galaxy Note 4が必要というものなのですが、売れる見込みはあるのでしょうか。

スポンサーリンク

Samsungは12日、VRゴーグル「Samsung Gear VR Innovator Edition」を北米市場向けに12月から199ドルで発売開始することを発表した。

Gear VRは同社製スマートフォン「Galaxy Note 4」のオプション製品となっており、利用するにあたっては、ディスプレイの機能を果たすGalaxy Note 4が必ず必要となる。

BusinessNewsline



Samsung Gear VR Innovator EditionことGear VRはOculus社が開発したVSとヘッドセットにGalaxy Note 4をディスプレイとして搭載することで3D体験ができるという新しい技術です。同様の技術としてOculus社の端末が有名で『Oculus Rift DK2』が注目を集めているのですが、今回はどういう理由かは分からないもののサムスンと協力して開発するに至ったそうです。

Gear VRについては東京ゲームショウ 2014(9月)に試作機が一般に公開されており、同じくバーチャルリアリティーとして出展していたソニーの「Project Morpheus」、そしてOculus社の「Oculus Rift DK2」があったのですが、没入感についてはGear VRとDK2が同じで画面の綺麗さについてはMorpheusが良かったなどと報告されている方が多いようです。


Oculus社のヘッドマウントディスプレイとシューティングゲームの例

さて来月、発売されるGear VRについては13種類のVRアプリがついてくるということで、今後の課題としてはいかに面白いソフトを登場させるのかが焦点となりそうです。ただ、日本ではGalaxy Note 4の入手は難しく、本他価格が10万円を突破しているので、日本では売れる売れない以前に限られた人だけが体感できるということになりそうです。


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
この記事へのコメント
コメントを書き込む

トラックバック

http://freeride7.blog82.fc2.com/tb.php/3785-e636ce18

Copyright © EUROPA(エウロパ) All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。