自転車に乗って空気中から水を生成する道具 - EUROPA(エウロパ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自転車に乗って空気中から水を生成する道具

E00292.jpg

人間が生きていく上で水は必要不可欠なのですが、空気を取り込み水を作るという謎の自転車が登場しました。

スポンサーリンク

空気中に含まれる水分から安全な飲み水を生成することが出来るデバイス「Fontus」。条件が揃うと自転車で1時間走れば約0.5リットルの飲料水が出来上がるというある意味夢の装置です。

「Fontus」は、オーストリアの工業デザイナー KRISTOF RETEZÁR 氏によるプロジェクト。空気中の水資源に注目して開発が行われました。なぜ、空気中の水分に注目したのか?その理由は水不足にあります。

DNA

どのように水を作っているのかという点について、ペルティエ素子という電気を通すと冷えるという半導体が組み込まれておりこれを金属に晒すことで空気中から水を集めるとというものです。必要な電気は自転車ではなくソーラーパネルから得ることができるということで、利用者には重さ以外負荷がかからない設計になっているそうです。
E00293.jpg
日本では自転車が通れるようなところではコンビニがあり、仮に無くても川など煮沸させれば飲水を手に入れることは可能なのですが、やはりこの手の製品が必要な地域というのは世界では多いのかもしれませんね。

Fontus | James Dyson Award


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
この記事へのコメント
コメントを書き込む

トラックバック

http://freeride7.blog82.fc2.com/tb.php/3788-2bab0683

Copyright © EUROPA(エウロパ) All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。