“バネのおもちゃ”を生きているかのように操る人 - EUROPA(エウロパ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“バネのおもちゃ”を生きているかのように操る人

E00301.jpg

金属が輪っかが蛇腹状にまるまった「スリンキー」、何時の時代か流行りのおもちゃになったことがありますが、21世紀の現在、このおもちゃを巧みに操る人間が現れたようです。

スポンサーリンク


スリンキーというおもちゃは通常、階段など段差のあるところで遊ぶおもちゃなのですが、実はこういった使い方があるということは驚きですね。

これも昔の話になるのですが、ヨーヨーがいつの間にかよくわからないスポーツ、ハイパーヨーヨーなどとして生まれ変わったようにもしかしたらスリンキーのハイパースリンキーとして生まれ変わる要素があるのかもしれません。

ちなみにスリンキーは1945年のアメリカ生まれです。翌年にはアメリカ合衆国で人気商品となり1946年のニュー・トイ・オブ・ザ・イヤーに選ばれた経歴があるとのことです。

通常の遊び方はこちら



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
この記事へのコメント
コメントを書き込む

トラックバック

http://freeride7.blog82.fc2.com/tb.php/3797-fda01a36

Copyright © EUROPA(エウロパ) All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。