怒り狂いそうになったら自分をハエになったと思えばよい - EUROPA(エウロパ)

怒り狂いそうになったら自分をハエになったと思えばよい

image1.gif

怒りという感情は時に重大な事件を引き起こす可能性があるのですが、この感情を沈める方法として「自分を壁に止まったハエだと思えば良い」などという研究が発表されているそうです。

American Psychological Association(アメリカ心理学会)に景彩された研究論文によると、自分が怒った時、自分自身を壁に止まったハエだと考えればよいということがわかったという結果が発表されているそうです。

【マジかよ】研究者「怒りそうになったら自分を壁に止まったハエだと思えば怒りが減るよ」 - バズプラスニュース Buzz+

これは被験者を用いてて過去の嫌な体験を思い出してもらい、その時自分を壁に止まったハエだと考えてくださいと指示したグループとそうでないグループの怒りを抱く確率を調べたというもので、ハエと考えたグループはその確率が低かったことがわかったというものです。

理由として、自分をハエだと思うことで過去の体験と今の感情の間に距離が生じ結果的に怒りという感情が抑えられるのではないかと考えられているそうです。ちなみにハエではなく自分自身を雲だったり別のものに置き換えることで解決することができるとしています。

様々な場面で怒りという感情に流され後に冷静に考えたとき「あれは失敗だった」と思ってしまうことは誰でもあると思います。こういった失敗をしないためにもハエであれ雲であれ怒りを沈めるというのは、自分自身の失敗に繋げないためにも重要なことなのかもしれませんね。

ちなみにこの論文は「From a distance: Implications of spontaneous self-distancing for adaptive self-reflection.」という研究に書かれているものだそうです。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
この記事へのコメント
コメントを書き込む
※記事に関する質問以外、管理人は返信を行いません。
非公開コメント

トラックバック

http://freeride7.blog82.fc2.com/tb.php/3804-10161266

Copyright © EUROPA(エウロパ) All Rights Reserved.