画像からGPSやカメラデータなど不要なデータを取り除く方法 - EUROPA(エウロパ)

画像からGPSやカメラデータなど不要なデータを取り除く方法

E00333.jpg

当たり前のようにスマホやモバイル機器にカメラが付くようになりどこでも写真を撮ることができるようになりました。今回紹介するのは撮影機材やGPSデータなどプライバシーに関わるものも含まれるメタデータを削除できる便利ソフトです。

JPEG画像やPNG画像をドラッグ&ドロップするだけで、データに含まれるメタデータをサクッと削除してくれるフリーソフトが「JPEG & PNG Stripper」です。スマートフォンやデジタルカメラで撮影した画像データに含まれるEXIF情報などを削除し、画質に一切影響を与えることなく容量の削減を行うことも可能です。

GIGAZINE

こちらのJPEG & PNG Stripperが今回紹介するソフトです。
JPEG & PNG Stripper
http://www.steelbytes.com/?mid=30

現在英語版しかなく、詳しい使い方についてはGIGAZINEの記事を閲覧してください。

実はデジタル一眼やスマートフォンといった端末で写真を撮った場合、どのような機材を使ったか(スマホであれば機種)、レンズ、その他撮影時の状態例えばシャッター速度、そしてGPS付きのカメラであればどこで撮影したものかという位置情報まで写真に書き込まれます。これらは通常見ることはできないのですが、パソコンでは右クリックから進んでいくことで簡単に閲覧することができ、ヘタすれば写真一枚から知らない人に自宅を割り出される可能性もあります。

そういったデータ(メタデータ)を含む写真をただの写真にまとめて処理するものが今回紹介したソフトです。今回のソフトはパソコン上でしか削除することができず、いちいちパソコンに移してスマホに移し替えるという方法をとらなければならないのですが、ネット上で公開するものであればできるだけメタデータしアップロードすることをおすすめします。


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Copyright © EUROPA(エウロパ) All Rights Reserved.