中国、ペーパー試験を校庭で行う理由 - EUROPA(エウロパ)

中国、ペーパー試験を校庭で行う理由

E00337.jpg

学生であれば様々な場面でテストがあるのですが、なんと中国では屋外、特に校庭で行われることがあることはご存知でえしょうか。もちろん天気がいいからという単純な理由ではありません。

今月、陝西省の宜川中学(日本で言う高校)で行われた試験について、1700人余りの生徒が校庭に出て一斉に試験を行ったと報じられました。

高校生1700人が一斉に!校庭で筆記テスト、「美しい」「まる...:レコードチャイナ

中国メディアによると、「試験期間中は日照量の問題があり、教室内は試験の実施に適さなかったが、天気が良く、風もほぼ吹いていなかったため、屋外で実施されることになった」などと意味不明なことが書かれているのですが、実際のところは『カンニング』を防止するためです。

E00338.jpg

同様に校庭など広場で試験を行われた例はこれまでも複数存在しており、2014年11月には中国陝西省宝鶏市の専門学校、1200名が同じように机を並べ試験を行っています。生徒らを監視しているのは教師80人で望遠鏡やカメラなどで撮影も行われていたといいます。

ちなみに、これまで行われた同様の試験として最高記録は大学で行われた5000人とされています。


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Copyright © EUROPA(エウロパ) All Rights Reserved.