9割りが文字が読めない、中国の農村 - EUROPA(エウロパ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9割りが文字が読めない、中国の農村

E00356.jpg

「皆さんがお住いの地域で、文字が読めない人は何人いますか?」と聞かれても、いったい何のことか戸惑ってしまいますが、中国では未だにまともに学校にいけず大半の住民が文字すらも書けない、読めないという地域があるそうです。

スポンサーリンク

2015年6月22日、中国農村部がいまだ抜け出せない貧困問題。中国国家統計局の調べによると、農村部住民の7.2%にあたる7017万人が貧困層とされている。国営メディア・新華社通信は過去半年にわたって、中国中西部の貧困地域を取材。貧しさの最底辺にいる人々の暮らしぶりを調べた。

レコードチャイナ


これは中国内陸部、貴州省南部の黔南プイ族ミャオ族自治州というところでは村民1200人のうち、1100人が非識字者(一部は読めるものの日常では使用できない)だといいます。もちろん、義務教育があり小学校が設置されているのですが1年生は50人いるものの5年生はわずか5人。理由は大半が貧困を理由に学校に通えなくなっており、この村では高校まで進学できた人は誰もいないといいます。

日本では「格差」などとテレビで取り上げられることがありますが、中国の沿岸部と内陸部、都市部と農村部ではまるで国が違うかのような格差が存在しています。このような地域では基本的に水道すらもひかれておらず、わずかにここよりも裕福な農村であっても、2人に1人は高校を卒業出来なかったり学校給食では川の水がでるような地域が数多く存在します。

中国農村部の子供、5割以上が高校を卒業できず、こんな国が先...:レコードチャイナ


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Copyright © EUROPA(エウロパ) All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。