中国、100万匹の蚊を放つ(毎週) - EUROPA(エウロパ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国、100万匹の蚊を放つ(毎週)

E00370.jpg

昨年、日本で話題となったデング熱。蚊によりデング熱が広まったのですが、中国ではこの病気の蔓延を防ぐため蚊で対応していると報じられています。

スポンサーリンク
中国広東省広州市。実はこの街中国で最もデング熱発症を発症するヒトが多く2014年だけで患者数は47000件を数えています。そこで広州市に蚊の生産工場を建設し、生殖能力がなくまたウイルスを持っていない蚊を大量に放つことでデング熱患者を減らすことができるのか実験が行われているとのことです。

中国に世界最大の蚊の生産工場、週100万匹を野に放つ―インド...:レコードチャイナ

記事によると8月前後から毎週放たれており、その数は1回ごとに100万匹あまり。さぞ市民らは反対しているのかと思いきやそうではなく、余りに被害が広まったこともあり蚊を歓迎しているとのことです。今回放たれた蚊は共生細菌「ボルバキア」をもったオスの蚊でかりにメスと交尾しても卵は孵化しない特徴があるといいます。

蚊で蚊を制することはできるのか。ちなみに、オスの蚊ということでヒトに刺すことはありません。


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Copyright © EUROPA(エウロパ) All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。