香港紙「どうして中国人は略奪するのか」 - EUROPA(エウロパ)

香港紙「どうして中国人は略奪するのか」

E00375.jpg

大勢の人が押し寄せ一網打尽の如く奪い去っていく中国人。これらは横転したトレーラーから果物等(写真は軽油)を略奪する姿がよく報じられるのですが、彼らにはいったいどのような心理が働いているのでしょうか。

香港紙「明報」は先月28日付で中国人の略奪行為について記事を掲載しています。『明報』が今回問題を指摘したのは中国で度々報じられる事故をおこしたトラックから村民らが集団となり積み荷を盗むという行為です。少なくとも先進国では見られない行為について香港紙はどの様にまとめているのでしょうか。

なぜ中国人は“略奪”するのか?「自分も奪わなきゃ損」との心...:レコードチャイナ

明報によると、中国はかつて貧しい国だったものの現在はそうではなくそれでも略奪行為が平気に行われているという点について、中国の著名アナウンサーは「中国人に“徳”がないわけではない。内心の“徳”を発揮するための保障、法的制約や信仰がないことが不足しているのです」と他国との違いを主張しています。
また上海大学の学者は中国の改革開放以来、人に先んじて“奪う”ことが成功の道だったとその経緯を説明しており、要は遅れは損を意味しそれが仮に自分に必要としないものであっても『他人が奪っているのだから自分が奪わないということは損であり負けである』という心理が働いているためだと説明しています。

余りに中身の無い心理なのですが、そういった考えや心理から未だに抜け出せていないということ自体が先進国とは言いがたく、まだまだ心の面での発展は他国よりも大きく遅れをとっている状態です。

私達からすると独善的とも言える考え方が巡り巡って他国との摩擦を生じさせいてるとも言えるのですが何れにしても、解消するにはまだまだ時間がかかることは言えそうです。


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Copyright © EUROPA(エウロパ) All Rights Reserved.