中国産OSがWindowsXPに酷似 - EUROPA(エウロパ)

中国産OSがWindowsXPに酷似

E00384.jpg

多くのパソコンや端末にインストールされているOS、Windows。中国政府は国産OSに乗り換えを推奨しているのですが、その中の1つで、最も人気があるOSがWindowsに酷似していると指摘されているそうです。

「Windowsは高すぎる」「セキュリティの安全性の観点から国産OSに乗り換えるべき」と訴える中国政府は、PC用OS市場で支配的なWindowsから国産OSへの乗り換えを推奨しています。複数ある中国製OSの中でも最も人気のある上海発のOS「NeoKylin」について、Quartzがレビューしています。

GIGAZINE

これは上海企業が作った「NeoKylin」というOSなのですが、例えばログイン画面やデスクトップ画面、画面下のメニューバー、時計の位置、アイコン、そして全体的な配色まで何もかもWindowsXPと酷似しています。
記事によるとこのOSは中国国内でWindows XPからの乗り換えを目的として開発されたものらしく、似せることで移行しやすいようにしたということのようです。



それにしてもここまで似せるのであればそもそも乗り換え必要なのかという問題になってきそうです。


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Copyright © EUROPA(エウロパ) All Rights Reserved.