ずさんすぎる管理体制、韓国の退役軍人が手榴弾片手に… - EUROPA(エウロパ)

ずさんすぎる管理体制、韓国の退役軍人が手榴弾片手に…

E00390.jpg

前妻と口論になり山奥に逃げ込んだ、とある退役軍人。なんと彼の手に握られているのは古い手榴弾でした。警察当局によるとなぜ彼が手榴弾を持っていたのか取り調べが続けられています。

スポンサーリンク
韓国メディアによると、先月23日酒に酔った退役軍人が自宅に保管していた手榴弾を持ち出し山で警察官と対峙する出来事があったと報じています。

韓国人の男「きのこ狩りで手りゅう弾を掘り当てた」、警察は...:レコードチャイナ

当時この対応にあたった江原道鉄原警察署によると、男は酒によった状態で手榴弾片手におよそ20分ほど対峙しそのご警察の説得に応じ逮捕に至ったとしています。この男が持っていた手榴弾は自宅から持ちだしたもので、警察が行なった捜索の結果同様の手榴弾を8発見つけました

なぜ男は多くの手榴弾を持っていたのか。男によると「キノコを掘っている時にみつけた」「申告しようと思っていた」などと口にしているのですが、信ぴょう性に疑問がるとして取り調べが続けられています。ちなみに見つかった手榴弾は1970年代に開発されたもので錆びた状態だったらしく、当時男が安全ピンを抜き警察にちらつかせていたという手榴弾は不発弾と認定されたとのことです。

男は退役軍人とのことで軍から持ちだしたものか、本来は処分されるものであったことは間違いないのですが韓国軍の兵器の管理体制の低さが露呈する事件にもなってしまったようです。


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Copyright © EUROPA(エウロパ) All Rights Reserved.