高架橋を敷設する中国の巨大重機 - EUROPA(エウロパ)

高架橋を敷設する中国の巨大重機

image_201511011246139fe.jpg

街中ではほとんど目にすることはない重機。しかし、ビル、家、道路、そして鉄道を作ったのは紛れも無く重機です。今回は非常に珍しい高架橋を敷設するこをと目的に作られた重機を紹介していきます。

一般的に橋は、まず橋脚がつくられそこに橋が渡されます。ではこの橋はどのように設置するのでしょうか。これについてもいくつか方法があるそうなのですが、今回は何十個もタイヤがついた重機が橋脚をまたぎ橋を設置するという動画を紹介していきます。



こちらがその動画になるのですが、この重機は全長91.8m、幅7.4あり、重量は580トンです。コンクリート製の橋を搭載した重機はま前方部分を橋脚に固定。そのまま車両を前進させ次の橋脚に前方部分を渡し固定。そして橋をゆっくりと落とし設置します。

この重機は真っ直ぐな高架でのみ使えるというものになりそうなのですが、それでも極めて短時間で1日あたり数本の橋を渡せるというのはすごいですね。

私たちにしてはわずか数秒、数十秒で通過するだけの高架なのですが多くの人と重機が使われ建設されたというのは覚えてきたいところです。


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Copyright © EUROPA(エウロパ) All Rights Reserved.