アシカの記憶障害、原因は・・・? - EUROPA(エウロパ)

アシカの記憶障害、原因は・・・?

img_18.jpg

日本では北海道、そして水族館以外ではみることは難しいアシカがいますが、実はアメリカ西海岸で漂着するやせ衰えたアシカについて記憶障害が発生していたことが分かったそうです。

アシカといえば魚を食べていると思いきやそうではなく、自然の個体では甲殻類や貝類もよく口にするようです。しかし、ここ最近アメリカ西海岸では痩せたアシカが多く見つかっており米国エモリー大学のピーター・クック氏らが行った研究によると、どうやらこの甲殻類や貝類が原因にあるみているそうです。

藻類の毒でアシカに記憶障害、大量漂着の原因か | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

その甲殻類や貝類は藻類を食べているものの藻類の一部はドウモイ酸が含まれており食物連鎖でアシカの体内に入るといいます。ドウモイ酸は実は脳内の海馬神経に影響を与えることがわかっているそうで、これによりアシカ達は記憶障害になり餌の場所や取り方さえも忘れてしまうという障害を負っている可能性が高いと考えているそうです。

また最近この症状が増えてきた理由としては栄養を多く含む農業用水が海にながれドウモイ酸を生成する藻類が増えていることにも原因があると言われており、結局人間の生産活動が原因になっている可能性も指摘されています。


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Copyright © EUROPA(エウロパ) All Rights Reserved.