iPhone、アンロック拒否問題でCEOを逮捕すると名言 - EUROPA(エウロパ)

iPhone、アンロック拒否問題でCEOを逮捕すると名言

image_26.jpg

テロリストが使用していたiPhoneのパスワードを解除するかしないかの問題で、米フロリダ州の保安官は今後アップルのCEOティム・クック氏を逮捕する可能性について気になる発言をしたと報じられています。

テロリストから差し押さえたiPhone 5cをアンロックするよう出された裁判所命令に対してAppleが反対している問題が長引いていますが、フロリダ州の保安官がこの「Appleのアンロック問題」に言及し、「アメリカの法律に背き続ける悪党は逮捕する」と明言しました。

Gizmodo


この問題は昨年12月、カロフォルニア州で発生した銃乱射事件について、容疑者3人のうち1人が使用していたiPhoneについて本体に残された重要なデータを解析するためパスワードロックを解除するよう当局はアップルに求めています。しかし、アップルはこれを拒否し続けており今後どのような動きを見せるか注目されているのですが、どうやら当局は法律を武器にアップルに対し圧力をかける行動を取ると報じられています。

今回の騒動について会見に応じた保安官によると「Appleが今後も同様のアンロック問題に直面する場合、ティム・クック氏は法廷侮辱罪で投獄される可能性がある」と話している他、「今後もAppleが裁判所命令に背くなら、私はAppleのCEOを逮捕するでしょう。私は悪党の逮捕を誓います」としており今後相当な問題に発展する可能性でています。

アップルとしては今回の協力によりパスワードロック解除に関する極めて重要な機密が外部に漏れる可能性を危惧しており、当局と協力するとしているものの、この解除については全世界のプライバシーを守るためだなどと主張し続けており一向に話が進んでいない状態となっています。


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Copyright © EUROPA(エウロパ) All Rights Reserved.