重力でタイヤを動かす?米海軍の特許とは - EUROPA(エウロパ)

重力でタイヤを動かす?米海軍の特許とは

image5.gif

エンジンが発生させた回転力が複数のギアやシャフトを経由しタイヤを回転させている車。実はここ最近米海軍が全く新しいタイヤとして重心を変更させることでタイヤを動かすという特許を取得していたことが明らかになりました。

US Navyがエンジンが依存しないタイヤ自体が自律的に回転することで進むことを可能にした新方式の自動車用動力源の特許を取得したことが12日、USPTOが公開した特許情報により明らかとなった。

Technobahn


今回米海軍が取得した特許とは「System and method for electromagnetic-based propulsion (電磁誘導法による推進器)」というもので、タイヤの内部に液体状の磁性体を注入しておき電磁石により磁性体を片側に移動させることで重力を利用した回転力を生み出すというものです。つまり磁性体がタイヤの右側にあればタイヤも右側に動くというものでギアなどを全く使っておらず、エネルギー損失がほとんど生じないことから高効率の装置になるとしています。

ただ、問題点としては磁性体の質量が水のように軽くてはタイヤが回転することはできず相当な質量がないと車両そのものを動かすことができないという問題が生じてきます。また、高速回転するとなると磁性体を一定の位置に留めること自体が難しくなると考えられ、一旦位置がずれれば大事故に繋がる可能性が高くなります。

そのため地球上で使うというよりも重力が弱い宇宙や月といった惑星上でゆっくりと動く探査車等に向いている技術と考えられます。


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Copyright © EUROPA(エウロパ) All Rights Reserved.