アナキン・スカイウォーカー、精神病院に入院 - EUROPA(エウロパ)

アナキン・スカイウォーカー、精神病院に入院

image_31.jpg

1999年に公開されたスター・ウォーズ エピソードIでアナキン・スカイウォーカー役を演じたジェイク・ロイド氏が統合失調症を患い精神病院に入院したと報じられています。

1999年に公開された「Star Wars: Episode I - The Phantom Menace」にAnakin Skywalker(アナキン・スカイウォーカー)役で出演したJake Lloyd(ジェイク・ロイド)が統合失調症と診断され精神病院に入院したことが判った。


BusinessNewsline


記事によるとアナキン・スカイウォーカー役として出演したジェイク・ロイド氏は1989年生まれで1996年にドラマ「ER」で出演したのを機に成功を収めスター・ウォーズに出演するまで頭角を現していたといいます。しかし、この作品に出演後、テレビに出る機会が少なくなり最近の様子としては昨年6月に無謀運転をしていたとして警察に逮捕されていました。

この逮捕後、刑務所に入っていたものの医師から統合失調症の診断を受け入所から10ヶ月後の現在、精神病院に入院が決定したとのことです。

ジェイク・ロイド氏によると、スター・ウォーズに出演後の学校生活はライトセイバーの音マネをされるなどからかわれ「生き地獄だった」と話しています。またスター・ウォーズの記念品などは全て処分済みで、俳優業も既に引退しているとのことです。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Copyright © EUROPA(エウロパ) All Rights Reserved.