大卒じゃなくても年収1000万円、給料が良い仕事 - EUROPA(エウロパ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大卒じゃなくても年収1000万円、給料が良い仕事

image_135.jpg

求人の多くに必要な学歴が書かれており、満たさない場合は基本的に採用試験等を受けることは出来ませんよね。これに関して、アメリカでは大卒でなくとも給料の高い仕事があるとして10の職業を紹介しています。

スポンサーリンク
Forbes JAPANによると、アメリカの労働省労働統計局(BLS)で公表されているデータとして高卒でも1000万円を超える年収を得られる職業があると報じています。それによると、2016年時、高卒でも可能な職業として最も年収が高かったのは『航空交通管制官』だったとしています。給料は12万2410ドル(約1369万円)です。

大卒「資格」不要で高給の米国の仕事トップ10 1位は年収1300万円超

航空交通管制官とは『航空管制官』という空港の管制塔で働く仕事です。文字通り、航空機の異常接近や衝突を防ぐなど航空機を誘導する非常に重要な仕事であり航空管制官は実は日本では国家公務員に所属しています。航空管制官になるには日本でも大卒資格は不要なのですが、国家公務員専門職試験である航空管制官採用試験に合格し国家公務員として任用され、航空保安大学校で研修を受けようやく管制官になれるとのことです。

次いで給料が高いのは原子力発電所・原子炉運転員 9万1170ドル、物流(輸送・保管・流通業務)管理職  8万9190ドル、第一線捜査官・監督者 8万4840ドルと続きています。また刑事・犯罪捜査官も7万8120ドルと9位になっています。


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Copyright © EUROPA(エウロパ) All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。